データサイエンティストへの道

初心者がデータサイエンティストになるまでの備忘録

AWS認定クラウドプラクティショナー に合格する方法

要約

現代のIT技術として、クラウドサービスの知識は必要不可欠です。 例えエンジニアでないとしても、その概要は知っておいて損はないです。

クラウドについての知識を得るにあたって、まずAWSの一番簡単な資格であるクラウドラクティショナー の取得を目指すのが良いです。
筆者が合格するまでに、勉強したことは、参考書とudemyの講座のみです。
また、勉強を開始してから、2週間程度で合格できました。

aws.amazon.com

背景

現代において、クラウドサービスの知識は必要不可欠です。
変化の早い時代において、自由にスケール (使いたいときに使えて、使わないときは料金がかからない) させることのできるクラウドサービスは、非常に便利です。
クラウドと聞くと、icloudgoogle driveのようなデータを保存するクラウドストレージサービスをイメージされる方が多いかもしれません。
しかし、クラウドサービスには、他にも、仮想サーバやデータベース、DNS (ドメインネームサービス) などがあります。
これらを詳細に知る必要はないですが、どんなことができるのか、概要を知ることは大切です。

おすすめ理由

その知識習得の足掛かりとして、AWS認定クラウドラクティショナー の取得を目指すことおすすめします。
AWSクラウドサービスの中でも、最大手です。
よって、AWSを中心にクラウドを勉強するのが手っ取り早いです。
AWSの認定資格は、種類がたくさんあります。
しかし、その中でも、一番簡単で、広く浅く知識をつけることができるクラウドラクティショナー がおすすめです。

勉強方法

この資格の取得のために、筆者がやったことは、参考書とudemyの講座です。
以下に示す参考書とudemyの講座を2つ勉強しました。
資格取得だけが目当ての場合は、udemyの講座は問題集のものだけで十分です。
実際にAWSを使う予定のある人は、是非ハンズオンの講座も実施されることをおすすめします。
自分で手を動かすことで、各サービスのイメージがつかめるので、理解が進みやすくなります。

参考書 www.amazon.co.jp

問題集 www.udemy.com

ハンズオン www.udemy.com

勉強期間

実際に取得するまでにかかった期間は、2週間程度でした。
最初の1週間で、ハンズオン講座を修了し、残りの1週間で、参考書と問題集をこなしました。
この問題集は、実際の試験よりも難しく作ってあるので、問題集を中心に進めつつ、参考書で補完するのがいいです。
筆者は、演習テスト5までを、解けるようになるまで、何度も繰り返しました。

まとめ

クラウドサービス、特にAWSに関する知識は、技術系、通信系の方には、必須の知識です。
知識習得の一歩目として、AWS認定クラウドラクティショナーの取得を勧めます。
筆者は、紹介した参考書とudemyの講座で、学習しました。
また、2週間程度の期間で、資格を取得できました。

では、また次回の記事で!